見つけ次第、すぐに!新しいシミには美白コスメをタップリと

タップリのクリーム
chezbeate / Pixabay

ある日ふと、自分の顔や身体にシミを見つけてしまう事ってありますよね。
とってもいやーな気持ちになります。

「毎日バッチリ紫外線対策してるのに!」

そんなことを嘆いていても仕方がありません。
どんなに紫外線対策をしていても、シミは出来てしまう。
実はこれには深い理由があるんです。

子供のころに原因が

あるデータによると30歳以上のほぼ全員が多かれ少なかれシミがあるようです。

シミの最も大きな原因は紫外線です。
多くの20代後半以降の女性は出来るだけ紫外線を浴びないように努力しています。
なのになぜシミが出来るんでしょうか?

答えは、「肌は今まで浴びた紫外線の量を記憶しているから」です。
紫外線を浴びてもすぐにシミが出来るわけではありません。
表皮の一番下にあるメラノサイトという色素細胞が、今まで浴びてきた紫外線を記憶しています。
毎日浴び続けてコップが一杯になると、ある日突然コップの水がこぼれるように、メラノサイトが異常に活性化してシミになってしまうんです。

人は18歳以前に一生のうちに浴びる紫外線の量の約80%を浴びているというデータがあります。
20代に美白の重要性に気づき、日焼けしないようにしたとしましょう。
それでも、完全に紫外線をカットすることはできません。
毎日ほんの少しずつ浴びてしまいます。

つまり20代以降に紫外線を浴びる量が少なくても、
シミが出来るまでのカウントダウンはかなり進んでいたということ。
だから気づかないうちに、あんなところやこんなところにシミが…。

UVケアは一年中すべし

紫外線が強い夏の時期だけUVケアをする人がいます。
でもそれでは意味がありません。
メラノサイトが紫外線の量を記憶しないようにUVケアは一年中しましょう。
それでもシミが出来てしまったら…。

出来てから時間が経った古いシミほどメラノサイトの活性が強く、美白コスメも効きにくい。
でも、出来てから数日の新しいシミほど美白コスメは効果バツグン。

美白効果を最大限に発揮するには、ひと月で30gほどの量の美白コスメをタップリ使いましょう。
それを少なくても3か月は続けることが重要。
出来れば1日に3回以上、これでもかと言うぐらいつけると効果的です。

まとめ

「若いうちからUVケアしとけば良かったー」と後悔しても、
タイムマシーンに乗って過去の自分に美白コスメを塗るわけにはいきません。
でも、今出来たばかりのシミは十分、対処可能です。

美白コスメはケチらないでタップリ使う事。

これさえ肝に銘じておけば、未来のあなたは今のあなたに感謝することでしょう。