「頭皮がベタつく」そんな人はシャンプーから「湯洗い」に変えてみて

頭皮がベタつく
JanBaby / Pixabay

「なんか頭皮がベタつく」
なんて言ってる人って時々いますよね。
原因はもちろん皮脂が多いことです。
でも病気ではないので薬では治せません。

ベタつきの原因はホルモンバランスの変化

身体の中で最も皮脂が多い場所は頭皮です。
オイリー肌の場合、頭皮に物凄く脂が多いとベタつくことがあります。
これはほとんどの場合、生まれつきの体質によるもの。

ただ、「前に比べてベタつくようになった」という場合は違ってきます。
原因として考えられるのはホルモンバランスの変化です。

皮脂は男性ホルモンによって分泌が促されます。
なので、男性ホルモンが多いと皮脂も増えてしまいます。

男性ホルモンが増える原因
・過度のストレス
・疲労の蓄積
・甘いものや脂っこい食べ物の摂りすぎ
・極端なダイエット
などがあげられます。

男性ホルモンと女性ホルモンは表裏一体です。
女性ホルモンが減少するとその分、男性ホルモンの作用が強く出てきます。

最近は男性が女性化してきて、ルックス的に女性と正反対とは言えなくなってきました。
でもホルモンの世界では違います。
昔も今も男性ホルモンと女性ホルモンはほとんど真逆の作用があります。

なので、極端なダイエットなどで女性ホルモンが減ると、
男性ホルモンの働きが強くなります。
その結果、肌が脂っぽくなったりニキビが出来てしまったりすることがあります。

また、更年期に入ると女性ホルモンは減少します。
すると、男性ホルモンの作用が強くなって、いつの間にか肌がオイリー寄りになることがあります。

男性ホルモン以外で頭皮がベタつく原因

意外な事ですが「頭皮の洗いすぎ」があります。
世界の中でも毎日お風呂に入ってシャンプーするのは日本人ぐらいだと言われています。
つまり、必ず毎日洗わないといけないという訳ではないんです。
皮脂も肌にとって必要なものです。
なので、皮脂を落としすぎるとさらに分泌されて脂っぽくなることがあります。

「髪を洗わないなんて無理」
そんな人は、まずはシャンプーをするのを2日に一回にしてみましょう。
シャンプーをしない日はお湯で洗うだけで洗うようにします。
汗や汚れはぬるま湯で地肌を入念にすすぐだけでも十分落ちます。

皮脂もベタつきを感じない程度には落ちます。
なので、必要最低限の皮脂膜が残り、過剰に皮脂が分泌されることも無くなります。
湯洗いをする際に注意することは、絶対に強くこすらないこと。
爪を立てず、指の腹でやさしく洗いましょう。

他にもドライヤーの使い方も注意が必要です。
ドライヤーが近すぎると頭皮は水分を失い地肌が乾燥してしまいます。
すると、余計に皮脂が浮いてベタついた感じになります。
乾燥しているはずなのにベタつくという人は、頭皮用の保湿ローションなんかをつけましょう。

異常と正常

「わたしって異常に汗をかく」
「わたしって異常に皮脂が多い」
なんて話をよく聞きます。
でもそれって体質の問題であって異常ではありません。

本当に異常かどうか知るには人間が1日どれくらいの汗をかくのか、
どれくらいの皮脂が分泌されるのかというデータと比べないとわかりません。
でも、ほとんどの人は「周りの人に比べて」多いとか少ないと思ってます。

実際のデータと比べて遥かに多ければ異常です。
でも、ほとんどの場合は必ずしも「異常ではない」ので解決するのが難しいんです。

 

まとめ

更年期に入る年齢でもないのに頭皮にベタつきを感じる人は
・過度のストレス
・疲労の蓄積
・甘いものや脂っこい食べ物の摂りすぎ
・極端なダイエット
などが無いか、生活習慣を見直してみましょう。

ちなみに男性ホルモンが増えてしまうとニキビの原因にもなります。
女性の口の周りやあごに出来るニキビ!原因は男性ホルモン?

頭皮の皮脂を抑えるためにすぐに実行できることは、
シャンプーする日を減らして「湯洗い」に切り替えることです。
これをするだけで頭皮のベタつきを抑えられます。
悩んでいる人はぜひ試してみて下さい。