フケ・頭皮のかゆみが治まらない!その原因って脂漏性皮膚炎かも

シャワー
tookapic / Pixabay

「毎日ちゃんと頭を洗ってるのに頭皮がかゆい」
こんな人が増えてるようです。

その原因のほとんどは「脂漏性皮膚炎」という頭皮に出来る湿疹です。
酷くなると頭の皮膚がフケのようにポロポロと落ちてきます。

油っこいもの・甘いものを控える

脂漏性という言葉から脂っぽい人がなると思われがちですが、必ずしもそうとは限りません。
乾燥肌の人でも脂漏性皮膚炎になることがあります。

脂漏性皮膚炎になる人はオイリー肌など体質的なものが原因の場合もあります。
ですが、食生活もかなり影響してきます。

脂漏性皮膚炎は油っこいものや甘いものを摂りすぎると悪化します。
なので食生活が欧米化してきた、ここ数十年で増えてきています。

他の原因としてはオメガ3系脂肪酸とオメガ6系脂肪酸の摂取量のバランスも影響してきます。

この2つの脂は必須脂肪酸と呼ばれ、その名の通り体に必要なものです。
なによりも摂取するバランスが重要です。

油のバランスが重要

オメガ3系脂肪酸を多く含む食品
・青魚など(鮭、サンマ、イワシ、ブリ、サバ)
・えごま油
・しそ油
・亜麻仁油

オメガ6系脂肪酸を多く含む食品
・マーガリン
・ショートニング
・揚げ物に使う油(大豆油、コーン油、サフラワー油)

オメガ3系とオメガ6系の理想的な摂取量の比率は1:4と言われています。
ですが最近の一般的な食事では1:15にまで偏っていると言われています。

オメガ3系とオメガ6系のバランスがこれほど崩れていると体内の免疫などに影響します。
こうなるとその影響は脂漏性皮膚炎だけにとどまりません。
トピー性皮膚炎や動脈硬化、さらにはうつ病などの精神の病にも関係するそうです。

オメガ6系の摂取を減らすにはどうすればいいのか。
とりあえずは外食を減らしましょう。
なぜなら外食で使われている油はオメガ6系のものが多いからです。

加工食品も同じです。
コンビニ・スーパーのお弁当やレトルト食品、
冷凍食品に菓子パンなどもオメガ6系脂肪酸が多く使われています。
なので、出来るだけ食べるのを控えましょう。

では、なぜオメガ6系の油の方が多く使われているのか。
それは単純に価格が安いからです。
オメガ3系でも安いものはあります。
でも、そういうものは大抵の場合、原材料の原産が中国です。

理想的なのはオメガ3系の油を使用して自炊することです。
ですが一人暮らしの場合などは毎日自炊できないという人も多いでしょう。

どうしても外食する場合は、なるべく油を使わない料理を選びましょう。
女性はダイエットなどの理由から「なるべく野菜を食べる」ということばかり気にしている人が多いですよね。
でも実はそれよりも油をセーブするほうが重要なんですよ。

オメガ3系を摂るには

自宅での食事はオメガ3系を多く含む魚を食べる。
ドレッシングやみそ汁にはえごま油や亜麻仁油を入れる。
このように積極的にオメガ3系脂肪酸を摂って油の摂取量のバランスを整えましょう。

ここで一つ注意点が。
オメガ3系の油は熱に弱い性質を持っています。
なので調理油には使えません。
みそ汁に入れる場合は少し冷ましてから入れましょう。
温度で言うと40度以下、だいたい人肌程度の温かさです。

オメガ3系に含まれるα-リノレン酸は酸化しやすいんです。
だいたい1か月くらいで酸化してしまいます。
酸化すると味も変わりますし、何よりも体に悪い油に変わってしまいます。
なので、開封してから1か月ほどしたら残っていても捨てましょう。
もったいないですけどね。

「1人暮らしなので1か月じゃ使いきれない」という人にはオリーブオイルがオススメです。
オリーブオイルはオメガ3系、オメガ6系の両方ともあまり含まれていません。
なのでバランスを崩さないので加熱調理に使うには適しています。

洗いすぎに注意

頭皮の脂漏性皮膚炎が増えている理由にシャンプーの頻度も関係します。
脂漏性皮膚炎になると肌のターンオーバーが過剰に早まります。
シャンプーをすると頭皮の表面にある角質がとれます。
しかし、洗いすぎることでターンオーバーが早まり、必要な角質まで落ちてフケになるんです。

殆どの人は毎日シャンプーするだけでも、洗いすぎです。
お湯だけで髪と頭皮を丁寧にすすぐ「湯洗い」だけでも通常の汚れなら落ちます。
なので、シャンプーをするのは1日おきにしてそれ以外の日は湯洗いを試してみて。

シャンプーする頻度を下げると、最初のうちは抵抗があるかもしれません。
でも、すぐに肌がサイクルに慣れてきます。
一度試してみて下さい。

それ以外にも、顔と同じように頭皮も適度に保湿することも大切です。
頭皮用の保湿液などもあるので

まとめ

フケや頭皮のかゆみがあると、「頭皮の汚れが落ちていないからだ」と思い込んで、
1日に何度もシャンプーしたり、ゴシゴシ強く洗ったりしがちです。
脂漏性皮膚炎だった場合、これでは余計に悪化してしまいます。

まずは、シャンプーする頻度を下げて頭皮のターンオーバーを正常に戻すこと。
それから、外食をなるべくしない。
外食するときは、あまり油を使っていない料理を注文すること。
甘いものを控えること。
自炊してオメガ3系脂肪酸を積極的に摂ること。

これらを続けていけば少しづつ改善するはずです。

いろいろ試してもフケやかゆみがある場合は、市販の頭皮湿療用の塗り薬を使いましょう。
それでも改善しなければ皮膚科へ行きましょう。