「はー、スッキリ!」安全に鼻の角栓を取る方法

鼻の角栓
By: Project IDEA

毛穴に詰まってるアレ。
気になりますよね。

皮脂腺から出た脂と古くなった角質細胞が毛穴の中で混ざって詰まったもの。
それが角栓。
中でも特に目立つのが鼻。

「はー、暇だなー」

なんとなく鏡を見る。

「鼻に角栓が詰まってる!」

「ギュギュ」

「スポンッ」

「取れたー!」

なんて暇なときについつい鼻の角栓を指で押し出してませんか?
でもこれって「やっちゃダメ」とよく言われます。

ところが皮膚科の先生に聞いたところ、
「衛生面に気をつけて皮膚に雑菌が入らないようにすれば大丈夫」
ということらしいです。

鼻の角栓の安全な取り方

角栓が固いとスルッと押し出せずに指に余分な力が入ってしまいます。
その結果、肌を傷つけることにもなります。
そうならないように普段から角栓が柔らかくなるように準備しておきます。
コツは角栓を柔らかくする化粧水や美容液をつけておくことです。

角栓が柔らかくなったら、まずはコットンを二つに分けて角栓の両側に置きます。
そして、コットンの上から指でググッとプッシュしましょう。
この時、指は肌に直接触れないように。
コツは左右から皮膚に山を作るように押し出すことです。

最初のうちは力を入れすぎて鼻が赤くなったりします。
でも、慣れてくると赤くならない力加減がわかってきます。

一発で押し出さずに毎日少しづつ押し出すのもアリ。
ただし、慣れないうちは毎日すると肌に負担がかかる。
慣れるまでは2,3日に1回くらいの頻度でやることをオススメします。

こんな時は絶対にやっちゃダメ

それは角質の近くにニキビがある場合。

ニキビの周りには活性酸素という、肌にとっての爆弾を出す細胞がいっぱいあります。
この細胞は

・押す
・マッサージをする
・超音波美顔器などで物理的な振動を与える

などすると、卵のようにつぶれて活性酸素を放出します。
これが新しいニキビの発生源になります。

なので、ニキビ肌の人は超音波美顔器やマッサー ジ等のケアはやめましょう。
ますます、ニキビが増えちゃいますよ。

まとめ

鼻の角栓を取るのが癖になっちゃってる人っていますよね。
「やっちゃダメなのについついやっちゃう」
ちょっぴり罪悪感を感じながらも密かに楽しんでるあなた。
もうそんな毎日ともさよなら。

これからは正しいやり方で堂々と角栓を取っちゃいましょう。
角栓を取った後の毛穴にはしっかりとケアすることも忘れずに。

毛穴を目立たなくするには?答え:潤いをタップリと与えること