勘違いしてない?毛穴を掃除すること≠毛穴を目立たなくすること

掃除
magica / Pixabay

毛穴を目立たなくするために、あなたなら何をしますか?
「洗顔」
「毛穴パック」
これらは毛穴をキレイに掃除しているだけです。

鏡に顔を近づけると、毛穴に黒っぽい脂が詰まっていて汚らしい。
汚れを取り除きたい、キレイにしたいと思うのが女性の心理。
でも、毛穴を掃除すること=毛穴を目立たなくすることではありません。

毛穴ケアとは

毛穴の汚れを取ってキレイにしても、毛穴は小さくなりません。
鼻の穴を掃除しても、穴が小さくならないのと同じことです。
「毛穴を掃除する」という考え自体に無理があります。

毛穴の中に詰まっているのは皮脂と角質が混ざり合った角栓です。
これらは常に毛穴の奥から発生するものです。
たとえ掃除をしてもなくなりません。

シャワーを浴びながら、ドライヤーで髪を乾かそうとしても乾かないのと同じです。
次から次へと発生してくるものを、そう簡単に無くすことはできません。

毛穴は穴です。
ケアすること自体、ナンセンスです。
毛穴のケアをするのなら、毛穴の中ではなく、周りの皮膚に注目すること。

まずは、毛穴の周りの皮膚に弾力を取り戻すことを考えましょう。
乾いてカチカチになったお餅に穴を開けると目立ちます。
でも、つきたての柔らかいお餅だと穴は目立ちません。

毛穴にはピーリング

自宅で簡単にできるケアとしては、ピーリングがあります。
角質を取る化粧品を使ってピーリングすることをオススメします。
定期的にピーリングを繰り返しすれば、毛穴を多少小さくすることは可能です。
ただし、角栓を完全に取ることは出来ませんが。

ピーリングには皮膚のコラーゲンを増やす効果もあります。
なので、皮膚の弾力の回復や、毛穴の引き締め効果も期待できます。

ただし、自宅でするケアでは毛穴を大幅に小さくすることは出来ません。
セルフケアは実質的に「これ以上悪化させない」ための予防だと考えて。

とは言え、「今よりもっと毛穴を小さくしたい」と思う人もいるでしょう。
そんな時はやはり美容医療の助けを借りることになります。
医療ピーリング、
フラクショナルレーザー、
フォト治療(IPL)、
イオン導入など
毛穴を目立たなくする治療方法はたくさんあります。
気になる方は医師に相談してみましよう。

毛穴を目立たなくすることは難題

毛穴は非常に多くの女性の悩みです。
しかし、簡単に治療できるものではありません。

シミやシワを取ることよりも、毛穴を目立たなくすることの方が難しいようです。
毛穴というのは皮膚の深くまで開いた穴です。
ある意味ではシミやシワより深いところにまである。
それを縮めて目立たなくするというのは、チャチャっと出来ることではないんです。

シミというのは肌にくっついているようなもの。
シミを取り除くのとは訳が違います。

また、生まれ持った肌質も関係しています。
毛穴の大きい人、小さい人はほとんどが生まれつきのものです。
髪の毛にも太い人と細い人がいるのと同じです。

まとめ

肌質を変えたいと思う人がいるのは十分理解できます。
でも、生まれ持ったものを大切にすることも重要です。

毛穴ケアは、やりすぎてしまって逆に肌を傷める場合があります。
例えば
汚れを取ろうとクレンジングの時にこする、
スクラブでこするなど。

こすることは肌を傷めますし、くすみの原因にもなります。
毛穴の周りの皮膚が柔らかくなってふんわりしてくれば、毛穴は自然と目立たなくなるんです。
なので、毛穴の中の汚れだけを悪者扱いしても、美肌にはなれません。