「目尻のシワって乾燥が原因でしょ」不正解。正解はコラーゲン不足

目尻のシワ
PublicDomainPictures / Pixabay

笑っているとき鏡に映った自分の顔を見てドキッとしたことありませんか?
普段は隠れているのに笑うと出てくる目尻の小ジワ、とっても気になりますよね。

何とか目尻のシワを伸ばそうとクリームを塗ったり、マッサージをしたり。
挙句の果てには、シワが出来るのが嫌でなるべく笑わないようにしたり…。

いろいろ試しても一向に消えませんよね。
なぜ消えないか。
それはシワが出来る原因を勘違いしているからです。

目尻の小ジワは肌が乾燥しているからと思ってる人って結構います。
実はそうではないんです。

シワが出来る仕組み

肌の奥にある真皮。
そこにあるコラーゲンが減るとします。
すると、肌の弾力が無くなってしまいます。
これがシワの原因です。
このシワが出来る仕組みを理解しないと、正しいシワのケアは出来ません。

コラーゲンという言葉はみなさん知っていると思います。
先ほども書いたようにコラーゲンは真皮にあります。
丈夫なたんぱく質で出来ていて、肌の弾力を守っています。

ですが、年を取るとコラーゲンは減ってしまいます。
だからシワが出来るんです。

長年使っている枕の中の素材がヘタって、窪みが元に戻らなくなるのと同じです。
皮膚もコラーゲンの弾力がなくなると笑った時に出来たシワが戻らなくなります。
そしてそれがそのまま残ってしまうんです。

つまり、コラーゲンを増やして弾力を取り戻す。
これがシワのケアに繋がります。

コラーゲンを増やすには

コラーゲンを増やす成分は
・レチノール
・ビタミンC誘導体
などがあります。

これらが配合されている化粧品を、毎日のスキンケアに使うと効果的です。

シワが出来る原因が乾燥だと思い込んでる人がいます。
一生懸命にシワにクリームを塗って保湿しようとしています。
しかし、それではシワは改善しません。

シワは、ぱっと見、乾燥椎茸のように水分をつけるとピーンと伸びそうに思えます。
でも、肌と乾物は違います。

肌のシワはどちらかと言えば、デニムのシワに近い。
同じところが何度も繰り返し折りたたまれることで、線維が傷んで戻らなくなるんです。
なので、いくらクリームをシワに塗りつけてもシワが伸びることはありません。

まとめ

オススメのコラーゲン配合の化粧品
・レチノール配合の目元用美容液
・ビタミンC誘導体配合の化粧水

ビタミンC誘導体は水溶性の成分なので、化粧水に配合されたものがオススメ。
また、ビタミンC誘導体には何種類かあります。
その中でも成分表示に「リン酸アスコルビル」と書かれているものが浸透性が高いので、
良くチェックしてみて。

ただし、化粧品でケアするだけで、「一度できたしまったシワが消える」
なんてことはちょっと難しいです。

あくまでも化粧品は「シワがこれ以上目立たないように進行を遅らせるもの」と肝に銘じましょう。

どうしても、出来てしまった目じりのシワを消したい場合は、
美容皮膚科でのボツリヌス注射やレーザー治療などが必要になります。