実は大勢の人が「長年使っている化粧品」にかぶれている?

化粧品
bibi_park / Pixabay

「肌が乾燥してつっばる」
「赤くなる」
「時々しみる」
「かゆくなる」
こんな症状はありませんか。

これらの症状に当てはまる人がいたら、「化粧品かぶれ」をまず疑ってみましょう。
実は自分の肌に合っていない化粧品を使っている人って結構多いんですよ。

ではなぜ、気づかず毎日使い続けてしまうんでしょうか?

肌と化粧品の関係は繊細

肌荒れに悩む人に
「それって、化粧品が合ってないかも」と言うと、
「でも、化粧品は変えてないんだけど…」という答えがとても多いんです。

つまり、「化粧品が合ってなかったら、すぐに肌が荒れるから気づくはず。
何カ月も使っている化粧品が肌に合ってないなんて、ありえない。」
これが多くの女性の認識です。

でも実際には、「ある化粧品を使い始めて何週間もたってから肌が荒れ始めること」はよくあります。
長い場合は数カ月たってからなんてことも…。

なぜそんなに時間が経ってから荒れるんでしょうか?
それはチョットずつ肌への負担が積み重なって、ある日突然肌荒れとしてあらわれてくることもあるからです。

また、肌の調子や体調が悪いときに使うと、その時だけかぶれるなんてことも。
かぶれって意外とわかりにくいものなんです。
このように、肌と化粧品の関係は繊細なものなんです。

人間関係と同じで、「ピッタリ合うように感じるとき」と「合ってないと感じるとき」があっても、不思議ではないんです。
いつも使っている化粧品で肌がかぶれていても、なかなか気づかない人がいるのはそのためです。

肌が荒れている人に、使っている化粧品を全部美容皮膚科に持っていってアレルギー検査をしてみると、いくつかアレルギーが見つかることが多いんですよ。

長年愛用していた化粧品でも、パッチテストで陽性反応が出ることは良くあること。
そのくらい、いつの間にか化粧品で肌を傷めてしまっている女性が多いのは、とても怖いことですね。

化粧品かぶれを放置すると…

肌は常に乾燥し、時々赤みやかゆみが出ることも。
それが何年も続くと、肌の老化が進んでしまいます。
全体にくすんだように黒ずんでしまったり、遂にはシワが増えるスピードにも拍車がかかってしまうんですから怖いですよね。
肌の調子が悪い場合は、100%化粧品を信用しすぎないようにしましょう。

かぶれに気づかず化粧品を使い続けてしまう人が後を絶ちません。
なぜ頻発するのかというと、「オーガニック化粧品だから安全に決まっている」などの思い込みがあります。
多少肌の調子が悪くても、「私が使っているのはオーガニックの化粧品だから、ほかに原因があるはず」などと思い、犯人である化粧品を使い続けてしまうんです。

美容に関して勉強家で、化粧品などの情報をネットやクチコミなどで熱心に読んでいる人ほど、こんな風になりがちです。
さまざまな情報が氾濫している時代ですが、ネットに書かれていることが全て正しいわけではありません。
不確かな情報に惑わされないために、まずは知識を得ましょう。

知識を得れば、根拠が曖昧な情報に騙されることがなくなります。
もう一度言いますが「無添加」でも「オーガニック」でも「ドクターズコスメ」でも、
化粧品である以上は様々な成分を含むので、かぶれる可能性は絶えず存在します。

説明書きを読んで心が惹かれて購入するのは問題ありません。
でも、肌が荒れ始めたときは、どんな化粧品でも疑ってかかる勇気を持ちましよう。
思い込みを捨て、事実は事実としてすべて受け入れてこそ、自分の肌を守れるからです。

簡単な化粧品の見極め方

化粧品が肌荒れの犯人であるかを見極める方法があります。
それは、「顔の半分で試してみる」というやりかたです。

顔の左右どちらかでいいので、その化粧品を使ってみます。
2週間ほど続けてみて、肌の状態に左右の差が出ないかを確かめましょう。
これで、その化粧品があなたに合っているかどうかがわかります。

まとめ

化粧品は変わりません。
でも、あなたの肌は年齢や環境が変わると同時に着実に変化しています。

肌質が変わってくるとどうなるか。

今まで問題がなかった化粧品の成分が自分の肌に悪影響をもたらすようになる可能性もあります。

特に、長期間使用していたものほど、身体にどんどん溜まっていきます。
それがアレルギーの原因になることが多いんです。

自分の愛用している化粧品。
持っている美容の知識。
さらにはケア習慣も含めて、

「これって今の私の肌に本当に合っているのかな?」

ということを真剣に見直してみること。
それがあなたの肌を守ることに繋がります。