ストレスを受けた翌朝→「シミが濃くなってる!」

朝
congerdesign / Pixabay

「このシミ、昨日までこんなに濃くなかったはず…」
実はコレって結構あることなんですよ。

濃くならないように紫外線対策をバッチリしていても、いつの間にかハッキリしてくるシミ。
シミが濃くなるには紫外線以外にも原因があったんです。

ストレスと活性酸素

生活をしていると強いストレスを感じる時ってありますよね。
その時、身体の中では活性酸素が大量に発生しています。

すると、活性酸素を取り除くため、血液中にメラニン細胞刺激ホルモンが大量に分泌されます。
メラニン細胞刺激ホルモンはメラニンを作るメラノサイトを刺激します。

これがストレスによってシミが出来たり肌がくすむメカニズムです。
とても強いストレスを受けた場合は1日でシミが濃くなることもあるとか。

このように内側からの要因で発生した活性酸素を消す方法があります。
それはビタミンCを大量に取ること。

多くの女性がビタミンC不足

人間が必要なビタミンCは血液100ml中に、1mgだとされています。
でも20代の働いている女性たちのほとんどは0.8mgしかなかったそうです。

ストレスがかかると体はそれに耐えるために抗ストレスホルモンを合成します。
その材料になるのがビタミンCです。

つまり、強いストレスを感じたり長時間ストレスにさらされると
肌に必要なビタミンCが足りなくなってしまうんです。

ビタミンCには出来てしまったシミを薄くする作用があります。
なので足りなくなると大変です。

「今日はちょっとストレスがたまったかも」
と思ったら最低でも1日に2000mg (レモン約100個分)のビタミンCを摂るようにしましょう。

まとめ

「シミを増やしたくない」
「これ以上シミが濃くなるのは嫌」
そんな人はビタミンCを積極的に摂りましょう。

ただし、ビタミンCは体のなかにストックすることが出来ません。
なので、一度に大量に摂るのではなく、こまめに少しづつ摂ることを心がけて。

ビタミンCは口から摂取すると同時に肌からも吸収させると効果的。
その場合は高濃度に配合されたものを使うのがオススメ。

ストレス社会に生きる私たち現代人。
ビタミンCをきちんと摂る人と摂らない人では将来大きな差がつきます。
ビタミンCを意識して摂ることが美肌を保つ秘訣です。